Thanks giving holiday!

日本では、ハロウィンが終わったら、11月はクリスマス一色になります。
12月になると、師走、年賀状、大掃除に新年の準備と、クリスマス品はすでにセール品・・・

アメリカでは、11月はThanks giving holiday、感謝祭です。
(カナダでは、10月にお祝いします)
昔は宗教的な意味合いの強い行事でしたが、現代アメリカ人の意識の中では、たくさんの親族や友人が集まる大規模な食事会であり、大切な家族行事のひとつと位置づけられています。
伝統的な正餐のメインディッシュとなるのは、角切りにしたパンを用いた詰め物(「スタッフィング(stuffing)」または「ドレッシング(dressing)」と呼ばれる)をした大きな七面鳥の丸焼きです。
切り分けた七面鳥にグレービーソースとクランベリーソースを添えて食べます。
副菜には、マッシュポテトとグレービーソース、オレンジ色のサツマイモの料理、さやいんげんのキャセロールなどが一般的で、デザートには、アップルパイやパンプキンパイが食べることが多いです。

我が家でも七面鳥を食したことがありますが・・・ニワトリと比べると脂が少なく、ぱさぱさしています。また3人で食べるには、多すぎるので、最近では、チキンで代用しています。
パンプキンパイも私的には・・・あまり好きな味ではないので、今年から断固反対をしました。

最近、イオンが日本でも広めようとしている「Black Friday」は、実はアメリカ由来。
Thanks givingは11月第3木曜で祝日なのですが、次の日の金曜日が休暇になることが多く、感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セールと年末商戦の幕開けを告げるイベントにもなっています。
ブラックフライデーには買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされています。多くのお店が黒字になることから、「黒字の金曜(Black Friday)」と呼ばれています。

img_1068img_1067img_1066

最近、気が付いたこと

ミニチュアシュナウザーって犬をご存知ですか。
実は、ちょっと気難しそうな先生にそっくりです!
お暇な時にちょっと画像を探してみてください。
笑っちゃいます。

The only creatures that are evolved enough to convey pure love are dogs and infants.
(ピュアな愛を伝えることのできる進化を遂げた唯一の生き物は犬と子供だ。)
*creatureは「生物」、「生き物」という名詞、infantは「幼児」(7歳未満の子ども)という名詞

なんて名言を映画俳優、ジョニー・ディップは残していますよ~