日本で育ってもバイリンガルになれる?

国際社会といっても、日本では、やはり英語を聞く、話す機会、外国人と暮らす機会は少ないと思います。
でも日本にいても、「英語環境」を整えれば、子どもを日本語と英語の話せるバイリンガルに育てることは夢ではありません。大切なことは、子どもが英語で過ごすことができる英語環境を整え続けることです。

子どもは聞いた音、リズムをそのまま吸収します。歌を自然に覚えるように、英語を覚えることができるのです。
だって、日本語だって、初めは親が話すのを聞いているだけなのに、いつの間にか話せるようになります。つまり小さいころから英語に触れる機会を日常的に作ってあげることが大切なのです。

英会話教室は、週1回程度の習い事です。これでは、実はバイリンガルに育てるための時間が足りていません。教室では、英語独特のリズム、アクセントなど、英語センスを育てることを中心にレッスンしています。
また外国人である先生と直に話すことで、外国人を怖がらない、慣れることができるというメリットがあります。でも、週1日程度しか英語に触れるだけでは、実は英語を流暢に話せるようにはなりません。
ご家庭でできることは、英語環境を整えることです。
でも、お父さんお母さんでも英語は苦手って思っている人は多いのではないでしょうか?
例えば、英語のDVD、歌を日常的に聴く、英語のアプリやゲームをする、こんなことから始めてみてもいいと思います。
英語のアニメや映画を見るでもいいと思います。初めは、英語だけだと何を言っているのか分からなくて、すぐに飽きてしまうかもしれません。
でも一日30分でもいいので、毎日続けること、また繰り返し見ることが大切です。
これを続けていると、お子さまはいつの間にか、英語を聴く力が付いていると思います。